3/18(木)記念シンポジウム「みんなでつくる、世界を魅了する大雪山国立公園」のオンライン開催(YouTubeによるWEB配信)

 

大雪山国立公園連絡協議会では、大雪山国立公園ビジョン策定・大雪山国立公園協働型管理運営体制構築記念シンポジウム「みんなでつくる、世界を魅了する大雪山国立公園」を令和3年3月18日(木)にオンラインにて開催いたします。

1.目的

大雪山国立公園は、近年の自然的・社会的環境の変化を受け、山岳地域の荒廃や利用拠点の低迷など、多くの課題を抱えています。これらの課題を解決するためには、民間と行政が連携・協働し、大雪山国立公園の価値を守り、活かし、つなげる(発信する)ことが必要です。

そのため、令和2年6月に、大雪山国立公園の管理運営を担う「大雪山国立公園連絡協議会」(環境省、北海道、大雪山国立公園関係10市町)に、民間団体(観光協会、交通事業者、自然保護団体、研究者)、他の関係行政機関を新たに加え、民間と行政が連携、協働して国立公園の管理運営にあたる体制へ改組を行いました。

あわせて、大雪山国立公園が目指すべき将来像を示した「大雪山国立公園ビジョン~まもり、活かし、つなげよう みんなでつくる、世界を魅了する大雪山国立公園~」を策定し、ビジョンを実現するための取組を進めていくことになります。

しかし、ビジョンを実現するためには、利用者にも「自然環境が守られ、より豊かになった大雪山国立公園を将来世代へ引き継き、大雪山国立公園を末永く利用しよう」という意識を持ち、大雪山国立公園連絡協議会とともに、国立公園の管理運営に参加いただくことが重要です。

そこで、改組及びビジョンの策定を広く周知するとともに、ビジョンを実現し世界を魅了する大雪山国立公園をつくるために、利用者が国立公園の管理運営に参加する方策を考えるシンポジウムをオンラインで開催します。

 

2.概要

日  時:令和3年3月18日(木)13:00~16:00

主  催:大雪山国立公園連絡協議会

開催方法:YouTubeによるWEB配信

     講演への質問、パネルディスカッションにおける参加者からの質問は、YouTubeのコメント機能を使用します。

 

(1)開会挨拶

   大雪山国立公園連絡協議会会長(上川町長)

(2)趣旨説明

   「大雪山国立公園連絡協議会の改組と大雪山国立公園ビジョンについて」

   (環境省大雪山国立公園管理事務所長 桝 厚生)

(3)講演

   「大雪山国立公園が世界を魅了するために」

   (北星学園大学文学部英文学科 専任講師 ロバート・トムソン氏)

(4)交流会

   管理運営への参画に関心がある国立公園利用者の声を集めたインタビュー映像の上映。

(5)パネルディスカッション

   「みんなで、まもり、つくる新しい時代の大雪山国立公園」

    〇コーディネーター 北海道大学大学院農学研究院 准教授 愛甲 哲也 氏

    〇パ ネ リ ス ト   北星学園大学文学部英文学科

              専任講師 ロバート・トムソン 氏

              株式会社 りんゆう観光 代表取締役社長 植田 拓史 氏

              一般社団法人 大雪山・山守隊 代表理事 岡崎 哲三 氏

              屋久島町 観光まちづくり課 統括係長 木原 幸治 氏

              イラストレーター 鈴木 みき 氏

              環境省大雪山国立公園管理事務所 所長 桝 厚生

(6)閉会

   北海道地方環境事務所長

 

3.視聴方法

 「大雪山国立公園連絡協議会」公式YouTubeアカウントで生配信をおこないます。添付資料のチラシに掲載しているライブ配信URLをパソコンやスマートフォンから直接アクセスしてご視聴ください。※事前登録は不要です。

 

4.参考事項

○大雪山国立公園連絡協議会について

・平成5年に設立。大雪山国立公園の管理運営に携わる環境省、北海道、大雪山国立公園関係10市町(富良野市、上

 川町、東川町、美瑛町、上富良野町、南富良野町、士幌町、上士幌町、鹿追町、新得町)から成り、これまで、情

 報交換、連絡調整、管理事業を実施。

・令和2年3月16日改組され、他の関係行政機関(森林管理署、北海道開発局、北海道運輸局)、民間団体(観光協

 会、交通事業者、自然保護団体、研究者)を加え、民間と行政が連携、協働して国立公園を管理運営する体制(協

 働型管理運営体制)となった。

・次年度以降、大雪山国立公園ビジョンを包含する国立公園の管理運営にかかる実行計画にあたる「大雪山国立公園 

 管理運営計画」を策定し、構成員がそれぞれビジョンの実現に向けた取組を進めていく他、利用者が参加する国立

 公園のあり方(協力金、ボランティア等)についても議論していく予定。

○大雪山国立公園ビジョンの内容について

・民間と行政が協働して大雪山国立公園を管理運営し、「大雪山の自然環境が守られ、より豊かになった国立公

 園」、「魅力を活かし、質の高い利用体験ができる国立公園」、「つながっていく国立公園」を将来の目指す姿と

 して、これらの実現に向けて取組を進めるものです。

○新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、YouTubeによるWEB配信のみとさせていただきます。

 

(添付資料)

大雪山国立公園シンポジウムチラシ

優れた価値を持つ大雪山国立公園の自然。私たちは、そのありのままの姿を楽しむことで、みんなの宝ものとして守り続け、将来世代に引き継いでいかないといけません。

そのために、ひとりひとりが利用のルールとマナーを守りましょう。

rulemannerjpeg

 

【問題事例】

問題があり、対処した主な事例を紹介します。国立公園の管理運営に携わる関係者、ガイド等の皆様は自然をよく観察しており、些細な変化でもすぐに分かります。

 

■2020年10月:白雲山山頂に掲出された山名板

必要な法令手続きを行わずに白雲山山頂に山名板が掲出されていたため、撤去回収しました。

自然公園法に違反するため、国立公園内では許可なく標識等を掲出しないでください。

(※この山名板の詳細についてはコチラ

撤去前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■2020年9月:登山道脇等における野外し尿の痕跡(トムラウシ南沼野営指定地・カムイ天上)

トムラウシ南沼野営指定地周辺で計5箇所、カムイ天上の登山道脇で計3箇所、排泄物や使用済みティッシュ等を確認し、環境省職員が回収しました。(※詳細はコチラ

野外し尿は、景観悪化や生態系への影響、衛生上の問題を引き起こします。みんなが気持ちよく登山できるよう、携帯トイレを使用し、排泄物やゴミは必ず持ち帰りましょう。

 

■2020年9月:野営指定地以外でのキャンプ(凌雲岳の南西側)

リクマンベツ川源頭部(凌雲岳の南西側)で黄色いテントを張って野営している3人の登山者を確認しました。

沢登りの中でテントを張ったものと推測されますが、沢登りの場合であっても、野営指定地以外でテントを張ることは禁止されていますので、やめましょう。

 

■2020年9月:野営指定地以外でのキャンプ(五色の水場)
沼ノ原大沼の野営指定地から五色ケ原方面に約1.2㎞進んだところにある五色の水場に幕営をしているパーティがいました。無秩序な野営が植生破壊を引き起こしたり、ヒグマを誘引したりすることを防ぐため、野営指定地が決められています。幕営は決められた野営指定地で行いましょう。 
http://www.daisetsuzan.or.jp/goshikinomizubayaei/

O

 

 

 

 

 

 

 

 

■2020年8月:たき火の跡
沼ノ原大沼の野営指定地でたき火の跡がありました。国立公園特別保護地区でのたき火は自然公園法で禁止されています。絶対にしないでください。燃え残りは環境省職員が回収処分しました。

 

■2020年7月:高山植物採取跡と思われる事例
緑岳の山頂から北約50mの地点で高山植物の採取跡のようにも思われる痕跡がありました。断定はできませんが、もしこれが採取跡の場合は自然公園法違反になりますので絶対にしないでください。
http://www.daisetsuzan.or.jp/midoridaketokutu/

 

■2020年6月:自然石を人為的に配置した石文字
十勝岳に至る登山道付近に自然石を人為的に配置して「つちのこ」の文字が作られていました。自然公園法違反(広告物の掲出、土地の形状変更)であるため解体しました。
http://hokkaido.env.go.jp/pre_2020/post_125.html

大雪山国立公園連絡協議会

事務局 環境省大雪山国立公園管理事務所 TEL: 01658-2-2574
       東川管理官事務所     TEL: 0166-82-2527
       上士幌管理官事務所    TEL: 01564-2-3337
(C)2019 / the Daisetsuzan National Park Council.