【第3報】大雪山国立公園 白雲岳避難小屋の立替え工事の実施について

【重要】7月4日(土)に実施したヘリコプターによる荷上げの結果、野営指定地では10張程度しか幕営できないこととなりました。詳細は、資料[PDF:435KB]をご覧ください。【7月4日(土)追記】

 

 【重要】建物の本格的解体作業が始まっていますが、高山植物保護のため限られた工事敷地内で作業しています。避難小屋への立ち寄り、野営指定地・トイレの利用が少なければ少ないほど、登山者の皆様が危険に遭う可能性が減り、工事中断回数が減って予定どおり終わる可能性が高まることが分かりました。利用ルールに変更はありませんが、できる限り白雲岳避難小屋を利用しないように御願いします。チラシ[PDF1.0MB] 【7月9日(木)追記】

 

 

 令和2年6月15日

 本年度実施する大雪山国立公園内の白雲岳避難小屋の建替え工事の期間及び工事期間中における避難小屋及び野営指定地の取扱い(利用ルール)が確定したので、お知らせします。

 工事期間は6月下旬から10月上旬までを予定し、その間、仮設の避難小屋が設営されますが、当該避難小屋及び野営指定地を利用できる人数が限られることから、土日祝日及び振替休日並びにその前日に白雲岳避難小屋及び野営指定地での宿泊は自粛をお願いします。

 それ以外の日では、テント泊のみが可能です(ただし、事実上20張り程度【→7月4日10張り程度に変更】まで)。

 現地の情報は、白雲岳避難小屋のfacebookから発信(上川地区登山道等維持管理連絡協議会:請負者合同会社北海道山岳整備)されますので、ご確認ください。

 なお、今後、工事の期間及び工事期間中における避難小屋及び野営指定地の取扱い(利用ルール)を変更する場合は、随時お知らせします。

 

【第3報】大雪山国立公園 白雲岳避難小屋の建替え工事の実施について[PDF:166KB]

別添1 新たな白雲岳避難小屋のイメージ[PDF:985KB]

別添2 白雲岳避難小屋周辺利用計画図(登山者が利用可能な区域)[PDF:593KB]

別添3 令和元年度白雲岳避難小屋の利用に関するチラシ[PDF:342KB]

別添3 チラシ英語版(作成協力:Hokkaido Wilds ロバート・トムソン氏)English announcement(translated by Rob Thomson)[PDF:202KB]

 

<参考:以前の情報>

【第2報】大雪山国立公園 白雲岳避難小屋の建替え工事の実施について(令和2年3月12日)

【第1報】大雪山国立公園 白雲岳避難小屋の建替え工事の実施について(令和元年11月5日)

 
hakuunkikenannnai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大雪山国立公園連絡協議会

事務局 環境省大雪山国立公園管理事務所 TEL: 01658-2-2574
       東川管理官事務所     TEL: 0166-82-2527
       上士幌管理官事務所    TEL: 01564-2-3337
(C)2019 / the Daisetsuzan National Park Council.