ENGLISH Page
ホーム 大雪山の大自然 大雪山の歴史 大雪山を楽しもう フォトギャラリー 保護・管理 関連リンク
協働型管理運営体制の構築に向けて

 

 大雪山国立公園では、1994年に現在の大雪山国立公園連絡協議会が発足し、また、2012年から登山道関係者による情報交換会が開催され、これらが国立公園の管理運営体制において重要な役割を果たしています。

 しかし、現在の体制ではメンバーや機能が限られているため、大雪山国立公園をとりまく社会環境が大きく変化した結果生じている、次の課題に十分対応することが困難になっています。

 ①登山道の荒廃、野外のし尿の散乱といった課題

 ②川、湖沼、温泉、峡谷等の自然資源の利活用や外国人の対応に関する課題

 ③これらの取組を行うための一元的な合意形成と情報発信体制の構築

 そこで、環境省上川・東川・上士幌自然保護官事務所と大雪山国立公園連絡協議会では、これらの課題を解決し、将来にわたり魅力ある大雪山国立公園をつくるため、そのために必要な新たな協働型管理運営体制(案)を構築して将来像(ビジョン)を作成することを検討しています。

01_協働型管理運営体制

 

検討にあたっては、新たな協働型管理運営体制が実現した際に実施する取組を先行的、試行的に実施することで、国立公園の管理運営に携わる関係者の理解を深め、機運の向上を図りながら、取組を進めています。

 

 

総合型協議会の構築(大雪山国立公園連絡協議会の拡充)

 

現在検討中の協働型管理運営体制の概要

平成30年3月時点版説明資料 (PDF:497KB)

 

※本資料は検討中のものであり、今後の検討により大きく変更することがあります。

 

大雪山国立公園連絡協議会(総合型協議会)準備会

 

第1回準備会(準備中)

 

 

登山道維持管理部会の構築

 

登山道関係者による情報交換会の発展・対応検討

大雪山国立公園における協働型管理運営体制の構築に向けたワークショップ(第1回):平成30年3月(PDF:7MB)

 

 

大雪山国立公園における協働型管理運営体制の構築に向けたワークショップ(第2回): 平成30年6・7月結果概要一式

 

 ■第2回ワークショップ結果(PDF328KB)
 ■第2回ワークショップ資料一式(2.06MB)

 

大雪山国立公園における協働型管理運営体制の構築に向けたワークショップ(第3回): 平成30年12月頃開催予定

 

 

大雪山国立公園における歩道等維持管理作業実施手順マニュアルの試行

 延長300kmにも及ぶ原生的な自然景観が残る高山帯での登山道の荒廃に対応するため、歩道の維持管理に多様な主体が参画する際の実施手順を明確化し、維持管理作業の技術的な品質を確保する取組です。

 

大雪山国立公園における歩道等維持管理作業実施手順マニュアル【案】(PDF:4.45MB)

大雪山国立公園における歩道等維持管理作業実施手順マニュアル概要版【案】(PDF:2MB)

 

 

1.登山道の補修等を行う場合

歩道等に関する現状と課題を確認のうえ、歩道等維持管理作業の計画書を作成してください。

・登山道関係者による情報交換会事務局に提出してください。

・提出された計画書は、登山道技術指針運用・活用ワーキンググループで検討します。計画書に出された意見は計画作成者にフィードバックします。

・計画作成者は、必要に応じて、計画書を修正し、登山道関係者による情報交換会事務局に提出してください。

・実施後、報告書を作成して、登山道関係者による情報交換会事務所局に提出してください。

2.登山道の補修等以外の作業の場合

・歩道等に関する現状と課題を確認のうえ、上記の実施手順マニュアルに従って、ササの刈払い、看板類の補修、歩道の表示等をしてください。

・実施後、報告書を作成して、登山道関係者による情報交換会事務所局に提出してください。

<登山道関係者による情報交換会事務局>

※環境省上川自然保護官事務所 上川郡上川町中央町603/電話:01658-2-2574

 環境省東川自然保護官事務所 上川郡東川町東町1-13-15/電話:0166-82-2527

 環境省上士幌自然保護官事務所 河東郡上士幌町字 上士幌東3線235-33/電話:01564-2-3337

 

歩道等維持管理作業実施計画書・報告書(準備中)

 番号  作成者  種別

 計画書

(提出日)

 意見

 修正計画書

(提出日)

 報告書

(提出日)