ENGLISH Page
ホーム 大雪山の大自然 大雪山の歴史 大雪山を楽しもう フォトギャラリー 保護・管理 関連リンク
保護・管理している人たち

土地の所有者

 

国有地 主に国有林(面積 214,466ha)
公有地 主に北海道及び市町有林(面積 10,199ha)
私有地 主に私有林(面積 2,099ha)

 

 

国立公園の管理者

 

環境省 北海道地方環境事務所
上川自然保護官事務所 3名(自然保護官 1名、自然保護官補佐 2名)
東川自然保護官事務所 2名(自然保護官 1名、自然保護官補佐 1名)
上士幌自然保護官事務所 2名(自然保護官 1名、自然保護官補佐 1名)

 

 

保護活動、普及啓蒙活動、公園利用者の指導

 

★環境省関係の人

自然公園指導員 自然公園の保護及び利用のための模範または指導的立場に立つ者として、自然公園の保護及び適正な利用を推進するため、環境省自然環境局長から委嘱された人達。大雪山国立公園を主な活動場所としている人は現在58名。
大雪山国立公園パークボランティア 環境省北海道地方環境事務所に登録して、清掃活動、自然保護活動、自然解説活動などを行っている。現在97名。

 

 

★ 平成27年度PV活動年間計画

日 程

場 所

行 事

内容等

4月7日(火)

東川RH

○4月役員会

18時~

5/9(土)~10(日)

十勝岳温泉

○5月役員会
○連絡会総会(十勝岳温泉凌雲閣)

1日目:総会
2日目:春山研修

5月中旬

上川町

○運営協議会総会

 

5月18日(月)

士幌町

●セイヨウオオマルハナバチ防除活動

防除活動

6月2日(火)

東川RH

○6月役員会

18時~

6月13日(土)
6月14日(日)

十勝岳
旭岳山頂~
間宮岳

●登山道整備

ロープ補強、清掃
ロープ補強、清掃

6月19日(金)

十勝三股

●植生復元活動及びセイヨウオオマルハナバチ等の外来種防除活動

外来動植物防除活動

6月17日(水)

層雲峡温泉

●外来種防除活動(ルピナス等)

防除活動

6月

表大雪地域

●高山蝶パトロール週間 

密猟防止パトロール

6月

表大雪地域

●高山蝶重点パトロール

現地重点パトロール

7月1日(水)

東川RH

○7月役員会

18時~

7月3日(金)~
5日(日)

ヒサゴ沼

●登山道整備         

ロープ補強、清掃

7月中旬

ぬかびら源泉郷

●クリーンデー

清掃活動

7月14日(火)~
17日(金)

然別湖

●ウチダザリガニ防除 

ザリガニ防除

7月26日(日)

旭岳裾合

●登山道整備

ロープ補強、清掃

7月30日(木)

愛山渓

●登山道整備 

ロープ柵張りと笹刈り

8月2日(日)

大雪山全域

●自然公園クリーンデー 層雲峡温泉・旭岳温泉・白金温泉・天人峡温泉                   

清掃活動

8月4日(火)

東川RH

○8月役員会

18時~

8/11(火)13(木)
18(火)20(木)

旭岳周辺

●セイヨウオオマルハナバチ防除活動週間

防除活動

8月11日(火)

十勝三股

●植生復元活動

下草刈り

8月21日(金)
8月28日(金)

銀泉台入口~
コマクサ平

●外来種防除活動(オオハンゴンソウ、フランスギク、セイヨウオオマルハナバチ等)

防除活動

8月26日(水)

沼ノ平

●湿原植生再生

種子採取など

8月27日(木)

裾合平~中岳

●テンサー工・ヤシ土嚢袋設置

登山道補修資材設置

9月1日(火)

東川RH

○9月役員会

18時~

9月5日(土)~
6日(日)

ヒサゴ沼
忠別小屋

●登山道整備                     

ロープ緩め、清掃

9月13日(木)

沼ノ平

●登山道整備と湿原植生再生作業                     

資材運びと播種

9月12日(土)~27日(日)

高原温泉沼
巡りコース、
赤岳銀泉台

●マイカー規制対応               
※土日祝日+平日3日程/週

自然解説活動、
受付補助

9月26日(土)

十勝岳

●登山道整備

ロープ緩め、清掃

9月27日(日)

旭岳山頂
旭岳裾合

●登山道整備

ロープ緩め、清掃

10月6日(火)

東川RH

○10月役員会

18時~

10月中旬

然別湖

●ウチダザリガニ防除

防除活動

10月下旬

三股周辺

●植生復元活動

稚樹の堀取り

10月下旬

十勝三股

●施設跡地植生復元

植樹及び保護柵設置

1月16日(土)

旭川市内

○1月役員会および新年会

 

2/6(土)~7(日)

場所別途

○冬期研修会

 

2月~3月中旬
(2回程度)

愛山渓他

●スノーモビル等乗入れ規制合同パトロール、重点パトロール

 

年間

 

●事務所行事への協力(観察会・フォーラム・協働型維持管理支援など)
●層雲峡VCにおける来館者への自然解説等

 

 

 

平成26年度活動風景

 

 

平成26年5月20日
平成26年7月5日
平成26年8月3日
26.5.20然別自然休養林登山道整備
26.7.5トムラウシペンキ補修
26.8.3自然公園クリーンデー層雲峡
然別湖は国立公園の南に位置し、周囲の山々からは湖はもちろん、大雪の山々、広大な十勝平野を見渡せます。比較的標高の低いことから初心者にも優しい山が並びます。その分、笹の生育は旺盛で、毎年、登山道の整備が欠かせません。 トムラウシ山標識のペンキ補修。風雨によって読みにくくなった山頂標柱や分岐案内看板のペンキの塗り直しを定期的にしています。 自然公園クリーンデーで層雲峡温泉街から銀河流星の滝までの清掃活動を行いました。以前よりはゴミの量は減りましたが、まだゴミゼロにはなりません。

 

 

平成26年8月12日
平成26年9月14日
平成26年9月27日
 26.8.12旭岳セイヨウオオマルハナバチ監視活動
 26.9.14マイカー規制
 26.9.27十勝岳登山道整備

毎年、表大雪の玄関口となる旭岳姿見の池周辺で外来生物セイヨウオオマルハナバチの防除とモニタリング活動を行っています。

平成26年度セイヨウは発見されませんでしたが、今後もモニタリングと防除活動は継続していきます。

日本一早い紅葉が訪れる、銀泉台と高原温泉地区のマイカー規制の混雑期における登山コースの利用マナーの指導、パトロールなどを行っています。写真は赤岳山頂付近で山座同定の案内をしているところです。

上富良野岳から十勝岳周辺の登山道整備では毎年、シーズンはじめには踏み込み防止のためのロープを張り、シーズン終わりにはロープ緩めをしています。

ロープを張ることによって登山道の複線化や道迷い、高山植物の損傷を防ぎます。

 

 

 

 

★北海道関係の人

 

自然保護監視員 北海道庁から任命され、すぐれた自然環境の保全を図るため、自然公園の保護管理や利用者の指導、公園施設の維持管理などを行っています。
希少野生動植物監視員 北海道庁から任命され、「北海道希少野生動物の保護に関する条例」で指定された動植物の生育・生息状況の調査確認や違法な捕獲・採取の監視を行っています。