携帯トイレがなぜ必要なのか?

大雪山国立公園は、雄大で原生的な自然景観を末永く保全するため、常設トイレは、登山口や避難小屋などに必要最低限で整備されています。日本最大の山岳公園であるため、トイレのない野営指定地、避難小屋などでは、し尿の散乱問題が深刻化しています。

 

山で排泄することでどのような問題が生じるのでしょうか?

 

 

 

 

(原澤担当分)野営指定地などに散乱するし尿やティッシュ(原澤担当分)トイレのために植生が踏まれ裸地化した箇所

 

 

これらの問題は、携帯トイレを使用することによって減らすことができます。

大雪山国立公園の原生的な自然環境を保全し、快適な登山を楽しむためにも、携帯トイレを持参し、し尿を山へ残さないようにしましょう。

大雪山国立公園連絡協議会

事務局 環境省北海道地方環境事務所 上川自然保護官事務所 TEL: 01658-2-2574
(C)2019 / the Daisetsuzan National Park Council.