十勝岳連峰の登山道情報・自然情報

コースの難易度:大雪山グレードをご確認ください。

大雪山グレード

大雪山全体登山地図ダウンロード(PDF形式 7MB)

最新の登山道情報


2019/09/30 月 10:19:12
美瑛富士避難小屋
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【9月29日】美瑛富士携帯トイレブース冬囲い

夏山登山シーズンの終わりにあたり、美瑛富士避難小屋携帯トイレブースの冬囲いを美瑛山岳会、山のトイレを考える会と一緒に行いました。

本日以降のトイレブースの使用はできませんので、ご注意ください。

来シーズンの供用は、6月中旬を予定しています。

写真左 美瑛富士避難小屋横携帯トイレブース冬囲い

写真右 美瑛富士登山道(標高1300m付近)からの大雪山連邦

写真下 冬支度をするナキウサギ

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAナキウサギ


2019/09/24 火 10:22:42
望岳台→十勝岳
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【9月21日】十勝岳 雪あり、スリップ・滑落の危険

P9210080十勝岳山頂直下は雪があり、早朝や夕方、気温が低いと凍結し、滑落の危険があります。


2019/09/13 金 20:57:48
十勝岳新得コース
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【9月11日】十勝岳新得コースの状況

9月11日(水)十勝岳新得コースを巡視しました。

十勝岳新得コースは、大雪山グレード4「大雪山の厳しい自然に挑む登山ルート」です。登山口へは、道道718号清水忠別線の曙橋付近から西に18km余り、シートカチ支線林道→トノカリ林道の順に通行します。8月には林道上に倒木が発生していましたが、すでに処理され、この日は難なく車で通行できました。

IMG_1174IMG_1195 (1)登山道は緩やかに針葉樹林からハイマツ帯へ続きます。途中にササ被りの旺盛な箇所が繰り返しあり、足元にハイマツの根が潜んでいることもあります。標高1,170mほどに渡渉があります。融雪期や雨の後など水量の多いときは苦労させられる箇所です。この日は途中から雨が降り出し、下山時に水量がやや増えていましたが無事に通過することができました。

 

IMG_1196IMG_1201 (1)標高1,200mほどの渡渉は岩を伝い通過できます。この後、再びハイマツ帯を進みます。ササやイソツツジなどの灌木が被る箇所があります。融雪期などに登山道上を多くの水が流れるのでしょう。所々で激しく浸食されています。

 

 

 

通行を妨げる倒木、ハイマツの枝折れなどを数箇所で取り除きました。

P1150166 (1)P1150167 (1) IMG_1189IMG_1190

 

iPhone-02 (1)十勝岳は、直近では昭和63年から平成元年にかけて小噴火を繰り返し火砕物を噴出しました。標高1,550mを超えるとハイマツなどの樹木はすっかり見られなくなり、岩陰に花の終わったメアカンキンバイなどが張り付くばかりになります。火山らしい荒涼とした風景が広がり、霧など視界のないときは道迷いに注意が必要です。ここから主稜線までは赤ペンキや鉄ピンなどが景観を損なわない範囲で最小限に施されています。

 

P1150173 (1)標高1,800mを超えると、地形図には表しきれない沢形を何本か横切ります。厳しい環境に鉄ピンが捻じ曲げられています。振り返っては帰り道を確かめながら進みました。標高2,000mほどに大雪山縦走線との分岐があり新得コースを示す標識が掲げられています。地形図の分岐より70mほど北東に位置しています。山頂までは残り400m余りです。

 

img20190913144242518


2019/09/12 木 17:10:26
美瑛富士避難小屋
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
美瑛富士避難小屋に携帯トイレブースが完成しました!

IMG_2571 P8270055美瑛富士避難小屋横の携帯トイレブースですが、8月27日(火)より部分供用を開始していますが、9月10日(火)に工事が全て完成しました!

美瑛富士を美しく保つため、携帯トイレのご使用をお願いします。

携帯トイレブースは9月29日まで利用ができ、それ以降は冬囲いをするのでブースは使用できません。


2019/09/12 木 11:37:03
美瑛岳・美瑛富士
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【9月11日】美瑛岳・美瑛富士の紅葉進んでいます

IMG_2563 IMG_2586 美瑛岳・美瑛富士の斜面のナナカマド・ハンノキは良い感じに紅葉が進んでます。オプタテシケ山、辺別岳の紅葉はもう少し先のようです。


2019/08/29 木 09:24:09
美瑛富士避難小屋
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【8月27日】美瑛富士避難小屋携帯トイレブースの部分供用開始について

美瑛富士避難小屋横に設置された常設の携帯トイレブースについて、8月27日より使用可能となりました。

美瑛富士避難小屋・野営指定地をご利用の際は、携帯トイレを持参して、ご利用ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

なお、美瑛富士登山口からの登山道は、降雨後は、ぬかるみが多く滑りやすいため、登山靴にスパッツなど泥除けを着用することをお勧めします。登山道上でナキウサギも見られました。貴重な野生動植物の生息環境を守るためにも、携帯トイレ等を使用し、大便も小便もお持ち帰りいただきますよう、よろしくお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA


2019/08/28 水 17:37:23
十勝岳温泉登山口から安政火口までの登山道
【情報提供元】
上富良野町
登山道の補修工事のお知らせ(十勝岳温泉登山口から安政火口まで)

十勝岳温泉登山口から安政火口までのうち約800mの区間で登山道の補修工事が行われます。
通行は可能ですが、通行の際は誘導員の指示に従い、工事車両に十分注意して通行下さい。

工事期間は10月下旬までを予定しているとのことです。
ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

・工事区間

tozanstop190828


2019/08/28 水 11:12:50
シートカチ林道(上川郡新得町)
【情報提供元】
十勝西部森林管理署東大雪支署
【解除】十勝岳新得コース 林道通行止め

十勝岳新得コース登山口にアクセスする林道(シートカチ林道)において倒木が発生した影響で8月13日(火)より通行止めとなっていましたが、倒木処理が完了したため、通行止めは「解除」となりました。

十勝岳新得コース登山口まで車でアクセスできることが確認されています。

ただし、新たに倒木等が発生した場合には通行不可となるおそれがありますので、最新の情報にご注意ください。

林道の最新情報については下記にお問い合わせください。

■お問い合わせ先

十勝西部森林管理署東大雪支署 01564-2-2141


2019/08/23 金 10:03:17
富良野岳~原始ケ原
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【8月22日時点】富良野岳~原始ケ原方面のササ被りについて

原始ケ原湿原を超えて、樹林帯の登山道に入り、富良野岳に向かう途中、標高1400~1500m区間、突然ササが濃くない、道が不明瞭です。

GPS等で登山道から外れていないか確認しつつ、進んでください。

特に下りがわかりにくいです。


2019/08/08 木 09:56:07
美瑛富士登山口~美瑛富士避難小屋
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【8月6日】美瑛富士登山道情報(美瑛富士避難小屋携帯トイレブースの設置工事に伴うヘリコプターによる資材運搬について)

美瑛富士避難小屋携帯トイレブースの設置工事に伴うヘリコプターによる資材運搬は、8月6日に実施し、無事に終了しました。

また、美瑛富士登山口から美瑛富士避難小屋までの登山道について、ササ刈りが実施され通行しやすくなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

左:ヘリによる資材運搬 右:ササ刈り後の登山道の状態

 

 


2019/07/26 金 13:52:06
つりがね山
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【7月24日目撃】つりがね山にヒグマの親子

P72401277月24日午前10時ころ、つりがね山付近の雪渓斜面に母クマ1頭、子クマ2頭が遊んでいました。

クマとバッタリ会って驚かせないよう、クマ鈴・笛・大声をあげるなどして、人間の存在をクマに教えてあげてください。そうすれば、クマから離れてくれます。

 


2019/07/26 金 13:45:24
つりがね山
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
つりがね山 登山道崩落につき、注意してください

P7240236つりがね山の西斜面が平成30年7月の大雨で一部崩落しています。

植生帯をやむなく踏みつけて通過することになりますが、通過時はハイマツをつかみ、慎重に通過してください。危険区間は3mくらいです。


2019/07/26 金 13:36:34
双子池~三川台
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【7月26日現在】双子池~三川台 酷いです。

P7240275双子池~三川台まで、ササが伸び、登山道を覆っています。

双子池周辺は背丈をゆうに超えた高いササが、三川台直下では背丈は低くも密度の高いササが、登山道を覆い、見通しが悪く、非常に歩きにくいです。

ダニ除け・朝露除けのため、レインコートの上下を着んだり、登山道から外れていないか現在地を確認しながら進んでください。


2019/07/26 金 13:27:50
双子池野営指定地
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【7月26日現在】双子池の水場

P7230177 P7240198双子池野営指定地の水は、オプタテシケ山の北東斜面の雪渓がまだ残っているので、8月初旬頃までは水は問題なく取れそうです。

十勝岳連峰の水場は、北は「南沼野営指定地」、中部「双子池野営指定地」、南は「上ホロカメットク避難小屋」の3か所です。ただし、この水もお盆ころには「南沼以外」は例年枯れます。縦走する人はお気を付けください。  


2019/07/26 金 13:28:09
美瑛富士野営指定地の水場
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【7月26日現在】美瑛富士の水場

美瑛富士避難小屋・野営指定地周辺の雪渓は全て溶け、近くでは水は取ることが出来ません。

周辺で水をとるには避難小屋から美瑛富士登山口方面に30分ほど下った小沢で、雨の後は水が出ているかもしれませんが、晴れの日が続くとそこも枯れるでしょう。

 

 


2019/07/22 月 09:19:53
雲の平~北向沢
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
【7月21日現在】雲の平・北向沢のハシゴ

7/21時点ではIMG_3725、北向沢にはまだ雪がありました。

ハシゴは安全に上り下りできます。


2019/07/19 金 10:30:17
原始ケ原登山口~林間コース~原始ケ原湿原
【情報提供元】
大雪山国立公園連絡協議会事務局
原始ケ原湿原 ワタスゲピークです。

P7180023 P7180030 P7180029登山口~林間コース~原始ケ原湿原まで、異常はありませんでした。ワタスゲがピークを迎えています。

滝コースは丸太橋が流されているため、通行止めです。


登山道情報トップへ

大雪山国立公園連絡協議会

事務局 環境省北海道地方環境事務所 上川自然保護官事務所 TEL: 01658-2-2574
(C)2019 / the Daisetsuzan National Park Council.